強迫性障害

強迫性障害とは

強迫性障害画像

「強迫性障害」は「不安障害」のひとつで、「無意味」と理解していながら、その「考え」が頭の中で「繰り返し」浮かんでしまうこと(強迫観念)で、その「行為」を「繰り返さず」にはいられなくなる(強迫行為)という疾患です。発症しやすいタイプとしては、几帳面、あるいは完璧主義などの性格(強迫性格)の方が挙げられています。発症しやすい年齢は平均して20歳前後で、男性の方が早い年齢で発症する傾向にあります。女性では、結婚や出産など生活の変化がきっかけとなって発症するケースがよく見受けられます。

原因については脳内の神経伝達物質のひとつ、「セロトニン」の代謝が関係しているのではないかと考えられています。「強迫性障害」の患者はこの「セロトニン」の量が少ないため、「強い不安」や「こだわり」を生じやすく、日常生活に支障をきたすと言われています。

日常生活で以下のような症状があるという方はご相談下さい

  • 汚れや細菌汚染を恐れて何度も手洗いや洗濯、入浴などを繰り返してしまう
  • 何度も何度も窓や玄関のカギ、ガス栓、電気器具のスイッチなどを確認する
  • 誰かに危害を加えたのではないかと心配になり、通って来た道を戻って確認する
  • 自分の決めた回数や手順に沿って物事を行わないと不安になり、それに従う
  • 物の位置や左右対称性、数字などにこだわりがあり、それから外れると不安になる

治療について

治療の基本は「薬物療法」で、主に抗うつ薬のSSRIを用います。

サクマこころのクリニック

診療科目

心療内科・精神科・内科

住所

埼玉県川越市菅原町21番5 川越菅原ビル4F

アクセス

東武東上線川越駅徒歩4分

電話番号

049-224-8022

FAX

049-224-8032
診療時間
9:30~12:30
15:00~18:30

※受付時間は午前9:00~12:00、午後14:30~18:00
月曜午前、木曜日14:00~16:00、金曜午後、日曜午後は訪問診療・往診を行います。
木曜午後は14:00~16:00が訪問診療・往診、17:00~20:00(受付16:30~19:30)が一般診療になります。

ご予約・お問い合わせ

 049-224-8022

 初診問診票